公社概要

 

理事長挨拶

公益財団法人 足立区生涯学習振興公社理事長の伊藤です。
区民、関係者の皆様方には、平素より当公社の運営にご理解、ご支援をいただき心より感謝申し上げます。

当公社は、「区民・地域・団体等との協創による生涯学習、文化・スポーツ活動の機会提供とこれを担う人材の育成」を目標とし、各種事業に取り組んでいます。「あだち放課後子ども教室」の実行委員、スタッフの皆様、文化・芸術活動にかかわる多くの方々には、この目標達成のため、直接的にご尽力いただき、衷心より感謝申し上げます。
このような多くの皆様のお力添えにより、当公社は平成12年の設立から20年目を迎えることができました。この間、人材と資金の有効活用を図り、事業と組織運営の効率化に努め、公社経営に取り組んでまいりました。さらに平成27年度には、公社の人的資源と財産運用の今後の推移を踏まえ、「第一次中期事業計画」(計画期間:平成28年度から5年間)を策定し、計画的な経営を進めてまいりました。
この度、令和3年3月に新たに「第二次中期事業計画」(計画期間:令和3年度~令和7年度)を評議員会、理事会のご承認をいただき策定いたしました。新たな中期事業計画では、足立区が令和2年3月に策定した「足立区文化芸術推進計画」、「足立区読書活動推進計画」、「足立区運動・スポーツ推進計画」や「新・足立区放課後子ども総合プラン」と連携して事業展開するとともに、公社固有職員の退職にともなう人員の推移、公社の自主事業の財源である基本財産15億円の運用益の減少を踏まえ、さらなる事業の重点化、効率化を進め、公社の目標を達成していくこととしました。また、新型コロナウィルス禍がもたらした社会の変化に対応し、「新しい生活様式」に基づき、ICTを活用した文化・芸術事業の動画配信サービスに新たに取り組むなど、事業手法を工夫・改善することとしております。
令和2年度は、新型コロナウィルスの感染拡大により、「あだち放課後子ども教室」や「足立ジュニア吹奏楽団」の活動の一時休止、「コンサートinミュージアム」などの文化・芸術、スポーツ事業の延期・中止など、生涯学習と文化・芸術の推進を使命とする公社の事業が多大な影響を受けました。
新しい事業計画の初年度となる令和3年度は、新型コロナウィルス禍に的確に対応し、創意と工夫に努め職員一丸となって事業に取り組み、公社の目標達成に向け努力してまいります。区民、関係者の皆様には、引き続き公社の活動へのご理解とご協力、ご支援をよろしくお願いいたします。
なお、公社事業の実施状況、予定につきましては、各戸配布の公社ニュース「トキメキ」、公社ホームページでお知らせいたしますのでご利用下さい。

令和3年4月

理事長  伊藤 良久

概要

公社名  公益財団法人 足立区生涯学習振興公社
法人番号  7011805001951
設立  平成5年2月1日(平成12年4月1日名称変更)
公益認定  平成21年10月1日 公益財団法人
基本財産  15億円
代表  理事長 伊藤 良久
住所  〒120-0034 東京都足立区千住5-13-5 学びピア21
職員数  41名  常勤26名〔派遣6名、固有20名(再任用2名)〕 短時間再任用2名 非常勤13名
URL  https://www.kousya.jp/



組織図


定款

 

pdf_readerPDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。 Adobe Readerをインストールされていない方は、リンク先からダウンロードしてインストールしてください。

spacer

個人情報保護の取扱い

 

pdf_readerPDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。 Adobe Readerをインストールされていない方は、リンク先からダウンロードしてインストールしてください。

spacer

評議員・役員名簿


入札結果


理事長交際費支出状況