(テスト中)足立ジュニア吹奏楽団について

 足立ジュニア吹奏楽団は、足立区内に3隊あった足立区少年鼓笛隊を再編し、平成2年4月に結成されました。
現在、卒団生は700名以上。卒団後、楽器を続け、音楽大学進学やプロの作曲家、演奏家となり活躍している先輩も多数います。楽団活動を通じ、感性を磨き情緒豊かな人間性を高めるとともに、生涯音楽を愛好する児童の育成を目的としています。
 また吹奏楽を通じて、足立区の音楽文化の向上・発展に寄与し、魅力ある地域づくりに貢献するとともに、様々な方々に愛される吹奏楽団を目指し、楽しい演奏と笑顔をお届けしています。
指導者紹介
◆指揮者

根岸伊智郎

洗足学園大学音楽学部卒業。同大学より前田賞受賞。桐朋学園大学音楽部オーケストラ研究生修了。ホルン奏者、バンドトレーナー、オーケストラトレーナー。

 

◆木管トレーナー

畑澤先生

東京音楽大学卒業。フルート奏者として活動のほか、都内を中心に小・中学校のバンドトレーナー及びフルート指導を行う。「アンサンブルミレー」「アンサンブルメサージュ」メンバー。足立区立伊興中学校出身。

 

◆打楽器トレーナー

猪俣先生

東京音楽大学卒業。中島みゆき「夜会」への参加、劇団四季のミュージカル「LION KING」にてパーカッションを担当。ニューヨークのカーネギーホール、アポロシアター等でのジャズコンサートツアーに参加。

 

◆金管トレーナー

瀬宮先生

東京音楽大学卒業。トランペットを津堅直弘、故 金石幸夫氏に師事。実践学園、津田沼高校オーケストラ、伊藤楽器音楽教室、東京工業大学附属科学技術高等学校非常勤講師。

 

団長挨拶