経営方針・事業内容

経営方針

公益財団法人足立区生涯学習振興公社(以下、公社)は、区民に学習、スポーツ及び文化活動の機会を提供するとともに、人材の育成や自主活動を支援する事業を行うことで生涯学習を推進し、「生き生きとした地域社会の創造」に寄与することを目的としている。
足立区では基本構想において、区のめざすべき将来像を「協創力でつくる活力にあふれ進化し続けるひと・まち足立」としている。また、足立区教育大綱では「夢や希望を信じて生き抜く人づくり」を基本理念とし、成人期の学びについて「自ら学ぶとともにその経験を社会に還元する意欲を育てる」としている。
公社はこれまでも、区民との協働による事業を協創による事業に進化させることに取り組むとともに、学びの成果を地域に還元する事業を展開することに努めてきた。今後とも、「区民・地域・団体等との協創」により生涯学習を推進し、「生き生きとした地域社会の創造」を進めていく。
特に、子どもたちが地域の大人と出会い、多様な体験ができる場である「あだち放課後子ども教室」は、児童期の生涯学習の場であるとともに、それを支える多くの大人の生涯学習の場でもあることから、引き続き中核事業として運営支援に取り組む。
また、学習・スポーツ・文化事業については、区民の主体的な活動を促すことを目的として、生涯学習を担う人材の育成と地域における自主的な活動を支援する事業を中心に展開し、活力ある地域社会の形成に寄与していく。
令和2年度の事業計画及び予算編成にあたっては、今後の公社職員の減員と自主財源の減少を見据え、事業の重点化と効率化を徹底するとともに、区の施策との連携を深め、事業の実施効果を上げていく。また、本年度は平成27年度に策定した「公社中期事業計画」の最終年であり、令和3年度に向けて、新たな「中期事業計画」を作成することになる。
 
 
【重点事項】

1 あだち放課後子ども教室の安定運営及び活動の充実に取り組む。

(1)全校全学年実施に向けた取り組み
全校での週5日開催を安定的に継続するとともに、全学年実施校の拡大に向け運営支援と課題解決に努める。

(2)放課後子ども教室体験プログラムの充実
「新・足立区放課後子ども総合プラン」を踏まえ、体験プログラムの充実及び学童保育室との連携強化を進める。体験プログラムの実施にあたっては、区民や団体等との協創を進め、より魅力的な活動の場への発展をめざす。特に、子どもの体力向上、読書啓発を重点課題として取り組む。

* 「新・足立区放課後子ども総合プラン」:平成30年9月に、国が全校の地方自治体に通知した「新・放課後子ども総合プラン」を受け、区が策定した。新プランでは、放課後子ども教室と学童保育室との一体型実施、または連携強化を進めるとしている。放課後子ども教室については、全学年実施、体験プログラムの充実などを目指す計画。

 

2 学習・スポーツ・文化の人材育成及び活動支援に取り組む。

(1)生涯学習機会の提供
地域での主体的な活動を促すための人材育成及び活動支援事業を中心に取り組むことで、学習・スポーツ・文化活動における協創力を高め、子どもから高齢者まで多くの区民への生涯学習機会の提供につなげていく。さらに、区のボトルネック的課題である貧困の連鎖を断ち切ることに資するために、児童・生徒を対象に体験機会の充実を図っていく。

(2)学びの還元
学習・スポーツ面では、区民が学んだ成果を各々の地域や放課後子ども教室などの場に還元する様々な体験機会が広がるように、その活動を継続的に支援する。

(3)文化・芸術に触れる機会の充実
文化面では、“アウトリーチ”をキーワードに、区の文化・読書・スポーツの三計画の共通理念に基づき、始まりとなる「楽しさに気づく」ことを重点として、区民が文化・芸術を身近なところで気軽に楽しめる機会を提供する。

 

3 公益財団法人として、法令等に基づく適正な法人運営を行う。

 


主な公益目的事業内容

生涯学習の機会提供に関する事業
【体験プログラムの提供】
区民、地域団体や学校関係団体などに、地域学習センターや学校施設などを活用して、学習やスポーツなどの体験活動と学習啓発の機会を提供する。
【文化イベント】
区内の民間文化施設でコンサートや催し物を行う「コンサートinミュージアム」を開催する。
【生涯学習啓発】
間近でプロの演奏を体験し、音楽への興味関心を導く「小学校アウトリーチコンサート」を小学校で開催する。
【学習情報提供】
毎月発行の公社ニュース「トキメキ」、公社ホームページなどで公社事業や生涯学習情報を発信している。
生涯学習の人材育成に関する事業
 「あだち放課後子ども教室」や地域における子どもたちの体験交流活動を推進するため、地域学習活動にかかわる人材のための研修の場を提供する。また、文化面においても、アウトリーチの技術向上を図るとともに、「あだちアートリンクカフェ」では「アート」にかかわる方々同士の情報交換と交流を行い、新たな区民文化の創出と、地域の文化芸術の振興及び向上を図っている。
生涯学習の活動支援に関する事業
 学習テーマの設定、講師の選定においては、それぞれの分野において専門性に優れた関係機関との連携を推進し、区民の学習活動の充実を図っている。また、自主的な文化活動を行う区民や地域の芸術家および団体と演奏会などを共催し、地域の文化振興にも寄与している。さらに、地域からの催し物の企画相談に対応する窓口を設置し、地域の文化支援を行っている。
足立区から受託する生涯学習に関する事業
【あだち放課後子ども教室支援】
 放課後の小学校施設(校庭・教室・図書室など)を活用して、子どもたちが自由な遊びや自主学習、体験・交流などを通じて、心豊かにたくましく生き抜く力を育む環境づくりを推進する。あだち放課後子ども教室は、教育委員会が主催し、各小学校の地域住民によって構成される実行委員会が運営している。公社は、住民参画による事業実施を円滑に進めるため、各実行委員会の運営を支援している。
【ジュニア吹奏楽団支援】
 音楽を愛好する情操豊かな児童を育成する「ジュニア吹奏楽団」の支援を行う。
【体力向上支援人材育成】
 高齢者や子どもを指導する地域のスポーツ指導者等の人材を育成する。また、これらの活動に携わる方を対象とした運動指導の実践講習会を開催する。