初めての弦楽四重奏。音の響きを体で感じました!
2015年2月5日(水)

小学校アウトリーチコンサート in 竹の塚小学校

出演 クァルテット・エクセルシオ/ 弦楽四重奏    西野ゆか氏(ヴァイオリン) 山田百子氏(ヴァイオリン)     大友 肇氏(チェロ) 吉田有紀子氏(ヴィオラ)

今年度5校目の小学校アウトリーチコンサートを竹の塚小学校1年生2クラスで行いました。出演は国際コンクール最高位受賞など数々の受賞歴をもつ、日本を代表する弦楽四重奏団のクァルテット・エクセルシオの皆さん。
エクセルシオの皆さんは楽器を弾きながら入場すると、そのまま1年生のみんなの間を縫うようにして演奏します。1年生のみんなは目の前数センチでの演奏にびっくり。すぐに音楽に引きこまれました。1年生のみんなは床に直接座って、チェロの響きも体感しました。床に手を当てて振動を確かめる表情は真剣そのもの。そのあともピッチカート(指で弦を弾く奏法)の曲を聴いたり、足踏みや手拍子で合奏する体験をしたり、体全体で音楽を楽しみました。
演奏の間には、エクセルシオの皆さんから、楽器の年齢(300才以上!)や音の高さの違いなど、楽しくわかりやすいお話もあり、みんな弦楽器に興味津々の様子。
最後の曲はベートーヴェンの弦楽四重奏曲「ラズモフスキー第3番」第4楽章。音楽の楽しさを体験した1年生は最後まで集中してしっかり聴くことができました。アンコールはなんと竹の塚小学校校歌。この日のためにエクセルシオの皆さんは校歌を弦楽四重奏曲にアレンジしてくれました。弦楽四重奏の伴奏で校歌を歌った1年生の、とてもうれしそうな笑顔が印象的でした。
この日は朝から雪がちらつく寒い日でしたが、音楽室の中は一足先に春が来たような暖かさにつつまれました。

0205_アウトリーチ①
床に座って聴いていると床から
チェロの響きが伝わってきます
0205_アウトリーチ②
楽器の大きさによって音の高さが違うんだよ
0205_アウトリーチ③
弓に張ってあるのはどんな動物の毛でしょうか?
0205_アウトリーチ④
手拍子と足踏みでみんなも演奏に参加しました
0205_アウトリーチ⑤
なんで間違えないんですか?
0205_アウトリーチ⑥
目の前での素晴らしい演奏にみんな釘づけ!