~ジュニア is HERO~
2017年3月19日(日)

足立ジュニア吹奏楽団 第27回定期演奏会

演奏:足立ジュニア吹奏楽団、ブラスキッズ 指揮:根岸伊智郎氏

足立ジュニア吹奏楽団が「第27回定期演奏会」を西新井文化ホールで開催しました。今年のテーマは「ジュニア is HERO」です。団員一人ひとりがHERO(※1)としてジュニア吹奏楽団の活動を支えてくれていることと、この定期演奏会を最後に卒団する13名の6年生に、この先もHEROとして活躍して欲しいという願いが込められています。


定期演奏会プログラム(表紙)

定期演奏会プログラム(中面)

まずは、第1部/シンフォニック・ステージで開演です。司会進行は木管トレーナーの畑澤先生と中学生団員です。「高貴なる紋章」「ラプソディック エピソード」「聖者の行進」の3曲はこの1年間、いろいろな場所で演奏した曲です。変調やソロ演奏など難しいところが多い曲ですが、とてもよくまとまり、堂々とした演奏に仕上がりました。


第27回定期演奏会の開演です♪

「聖者の行進」のキメポーズ

つづいて、第2部/ポップス&6年生オンステージは、卒団する6年生が中心です。「翼をください」では、先生が卒団する団員の名前を一人一人読み上げ、ソロ演奏を行います。それぞれの成長の様子が伝わり、会場全体が優しく温かい雰囲気に包まれました。


卒団生オンステージ

それぞれの思い出を乗せて・・・♪

第3部の最初は、「ブラスキッズ(※2)」が団員たちと一緒に演奏しました。「勇気100%」の曲を1月から約2ヶ月間、この日のために一生懸命練習してきました。ちょっと緊張した面持ちでしたが、演奏は大成功。かわいい出演者に会場も大盛り上がりでした。


少し緊張ぎみのブラスキッズ

演奏はバッチリ♪

第3部/ジュニア is HEROは、演劇と演奏を交えた構成でお届けしました。子どもたちの夢を食べる悪者宇宙人を、音楽の力で改心させるというストーリーです。団員たちは演奏と演技、両方の練習を積み重ねてきました。劇中も会場を大いに沸かせ、ストーリーに合わせた楽曲で来場者の心をグッと掴みます。悪者宇宙人を退治するための援軍として卒団生や保護者も演奏に参加し、フィナーレの「おきなぐさ~宮澤賢治の愛でた花~」では大迫力の演奏をお届けしました。


演劇仕立てで進行する第3部

演奏も演技も同時進行です

大迫力の第3部

卒団生・保護者も一緒に演奏しました

足立ジュニア吹奏楽団は地域に根ざした活動をしている楽団です。
随時、派遣演奏先を募集しています。詳細はお問い合わせください。
【文化活動支援課】
電話:03-5813-3731
メール:bunka@kousya.jp

・足立区ホームページ(団員募集・外部サイトへリンク)
・足立ジュニア吹奏楽団ホームページ(外部サイトへリンク)

※1 ヒーロー/主人公・英雄
※2 応募で集まった区内小学1~3年生。今年は19名が舞台に上がりました。例年1月に「公社ニュースときめき」「公社ホームページ」で募集します。