間近で感じるプロの音
2014年12月3日(水)

小学校アウトリーチコンサート in 扇小学校

出演 カルテット・スピリタス     松原孝政氏(ソプラノサックス) 波多江史朗氏(アルトサックス)     松井宏幸氏(テナーサックス) 東涼太氏(バリトンサックス)

プロの生演奏による感動とともに、音楽の楽しさや面白さをできるだけ早いうちに体験してもらうことを目的に「小学校アウトリーチコンサート」を実施しています。(区内小学1年生対象)
今回はカルテット・スピリタスの皆さんが扇小学校で演奏しました。4本のサクソフォンで空気を震わせる迫力ある音を奏でながら音楽室に入場すると、子どもたちは驚きの表情を浮かべていました。席と席の間に分け入りながらの演奏の後、サクソフォンをバラバラにしてその仕組みや種類の説明が始まると、子どもたちは身を乗り出して大注目。また、「音楽レストラン」と題し、4重奏をカツ丼のそれぞれの具やご飯に見立てた解説はとてもわかりやすく、子どもたちも納得顔。メロディーだけではなく、伴奏だけでもなく、4本のサクソフォンのそれぞれの音色(役割)が合わさって「すごい音」になることをプロの演奏で体験しました。
約45分間のステージでしたが、カルテット・スピリタスの皆さんの演奏や演出に子どもたちは最後まで釘づけ。普段なかなか体験することのない生演奏と、サクソフォンに触れ合う楽しい時間となりました。

1203アウトリーチ扇小1
演奏しながらの登場です
1203アウトリーチ扇小2
カルテット・スピリタスの皆さん
1203アウトリーチ扇小3
サクソフォン解説の様子
1203アウトリーチ扇小4
「音楽レストラン」
わかりやすい4重奏の解説に子どもたちも元気いっぱい