“人と人をつなぎたい”~千住から世界へ~
2014年10月24日(金)

第37回 あだちアートリンクカフェ

ゲストスピーカー 植村昭雄氏(株式会社CAN 代表取締役)

「“人と人をつなぎたい”~千住から世界へ~」。そんなテーマで開催した第37回あだちアートリンクカフェ。ゲストには、千住のまちで様々な活動を行っている植村昭雄さんをお迎えしました。
植村さんが経営している株式会社CANでは、簿記セミナー、人材育成、整骨院などを本業としながら、「人と人をつなぐ」をモットーに、千住でインターネットラジオ放送局、ライブハウスなどを展開、地域で活動する人たちに交流や活動の場を提供しています。
植村さんが地域活性化の活動を始めるきっかけになったのは、2011年3月11日の東日本大震災でした。岩手県出身の植村さんはすぐさま被災地支援に駆けつけました。未曾有の災害による被害を目の当たりにした時、故郷を大事にしていくことの大切さを痛感しました。そして今、自分が住んでいる千住を第二の故郷として盛り上げていきたいと活動を始めました。それから約3年経った今も、東北被災地支援の活動を継続しています。東北の復興には、震災や高齢化の影響で減少しつつある第一次産業、特に農業、漁業の再生が不可欠だと考えて、その視線は東北のみならず、日本各地の地方活性化にも向けられました。現場主義を貫き、日本各地に出向き、そこで出会った人たちや感じたことを千住のまちとつなぎ合わせ、地方も千住も元気になる方法を模索しています。現在は東北出身の若者を採用し、千住のまちで地域ネットワークづくりを学ばせ、独立を機に故郷に戻すということをしています。また、来年2月オープン予定の飲食店では、東北を中心とした日本各地から集めた食材で料理を提供し、各地の第一次産業の流通のパイプ作りをしようとしています。
植村さんから次々に生み出されるアイデアとパワフルな行動力で、千住で活動する人たちとのつながりがどんどん広がっています。千住を盛り上げる仕掛け人の1人である植村さんのお話に、参加者の皆さんも熱くなったカフェでした。

1024アートリンクカフェ①
株式会社CANは、「できる」という意味
1024アートリンクカフェ②
皆さん植村さんのお話に聞き入ります
1024アートリンクカフェ③
人を元気に!街を元気に!、植村さんの会社のポリシーです
1024アートリンクカフェ④
地方活性化事業への熱い想いを語ります