利用者の皆さんと一緒につくる「ふれあい出前寄席」
2014年6月16日(月)

ふれあい出前寄席(さくら)

出演 【落語】林家たけ平氏 【太神楽】鏡味仙三氏 【落語】林家なな子氏

特別養護老人ホームさくらで「利用者参加型ふれあい出前寄席」を開催しました。これは施設利用者や施設職員の皆さんに企画から参加してもらう出前寄席です。
まずは、利用者の中から企画リーダー(以下リーダーさん)を数名選出していただき、施設職員や私たち公社職員と顔合わせ。本番までの約1カ月間に4回の企画会議を重ねました。テーマは「宣伝」で、施設の皆さんが寄席を楽しみにする気持ちを高めていただくための仕掛けを一緒に考えました。
始めは緊張していたリーダーさんも、顔を合わせるごとに打ち解けていくのが企画会議の醍醐味(だいごみ)。「チラシに切り絵を貼りましょう」「○○さんにも伝えて寄席を広めてもらいましょう」など毎回さまざまなアイデアが飛び出しました。
本番数日前には、出演者の林家たけ平さんがリーダーさんを訪問。以前はよく落語に行っていたという方も、普段着の落語家に会うのは初めて。「着物を着ていないから最初は(落語家と)わからなかったけど、会えてとても嬉しかった。」と大変喜んでいらっしゃいました。
そしていよいよ本番当日。出演は林家たけ平さん、鏡味仙三(かがみせんざ)さん、林家なな子さん。近隣の関連施設や、併設のカフェに貼ったポスター(貼付場所もリーダーさんの発案)を見たというお客さんにもお越しいただき、会場は開演前から心待ちにされていた皆さんの熱気があふれていました。リーダーさんお手製の看板も会場に華を添え、高座が一層輝きました。
本番後の企画会議(振り返り会)では「またリーダーをやりたい」「今度はいつ来てくれるの?」という、元気でうれしい声もいただきました。多くの方にご協力をいただきながら共通の目標を持って活動したこの約1カ月間、最後にはリーダーの皆さん、施設職員の皆さんと公社職員がひとつのチームになれたことを実感しました。
文化活動支援課では、これからも福祉施設を対象に、利用者参加型のふれあい出前寄席を開催していきます。ご興味、ご関心をお持ちの施設の方がいらっしゃいましたらぜひお問い合わせください。

0616_(さくら)①
企画リーダー会議の様子
0616_(さくら)②
企画リーダーさんの発案でできたポスター
0616_(さくら)③
たけ平さんが企画リーダーさんに会いに来ました
0616_(さくら)④
本番当日。企画リーダーさんが初めの言葉を話します
0616_(さくら)⑤
きれいな音のする太神楽(だいかぐら)曲芸
「金輪のまわし分け」
0616_(さくら)⑥
トリは林家たけ平さん
後ろには企画リーダーさんお手製の看板が