子どもたちに元気をもらっています!
2014年2月19日(水)

おりがみサポーター交流会

『子どもと遊ぶおりがみ教室』修了生でサポーターを希望した方

おりがみサポーターは、区内小学校の放課後子ども教室で子どもたちと一緒におりがみを折るボランティア活動を行っています。平成22年にスタートした活動ですが、現在14校、延べ59人のサポーターが活動するまでに広がってきました。子どもと接する難しさ、おりがみのレパートリーを広げる苦労など、サポーター同士が情報交換を通じ、お互いに学び合う場として、おりがみサポーター交流会を行っています。
今回は、竹の塚小学校放課後子ども教室で活動をしているおりがみサポーターが講師役となり、新聞広告を使ってスカイツリーを作りました。
参加したサポーターからは、「説明の仕方に色々な工夫がある事に気が付いた」「紙の薄さ、厚さでそれぞれ違う作品になって、新たな作り方も発見できた」との声があがっていました。
他校の活動の様子を知り、自らの活動に活かしたり、共通の悩みや喜びを共有することで、次の活動へのモチベーションにつながったりと、各サポーターにとって実りある交流会となりました。
最後に、自分で作った作品を手に取り、「ハイ、ポーズ」笑顔で終了しました。

0219_おりがみ①
個性豊かな作品を手に
0219_おりがみ②
広告を使ったスカイツリー