弘道第一小にコンサートがやってきた♪
2014年1月31日(金)

小学校アウトリーチコンサート in 弘道第一小学校

出演 加藤直明氏(トロンボーン) 白石光隆氏(ピアノ)

「白石せんせーい!!」元気な子どもたちの呼ぶ声で白石さんが登場。ピアノの演奏が始まるとどこからともなくトロンボーンのメロディーが聞こえてきました。まだ加藤さんの姿は見えません。徐々に音が近づいてきます。加藤さんがトロンボーンを吹きながら教室へ入ってくると、みんなの視線はくぎ付け。お二人の息の合った演奏「ボリバール(E.クック作曲)」が教室中に響き渡りました。
加藤さんは、金管楽器の音を出す方法を唇を鳴らして見せてくれました。すると「おならみたい!」と子どもたちから大きな笑い声が上がりました。白石さんは、目の前でピアノを解体。鍵盤とハンマーの役割について解説してくれました。子どもたちは実際にピアノに触れながら、ピョコピョコ上がるハンマーの仕組みを不思議そうに見つめていました。また、それぞれの演奏の前には曲や作曲家についても楽しく解説してくれました。
演奏中、トロンボーンのスライドを忙しく動かす様子を見て自分も真似をする子や、迫力あるピアノのソロ演奏「前奏曲『鐘』(S.ラフマニノフ作曲)」では、大きな音に驚き、椅子からお尻が浮き立つ場面もありました。
間近に見て、聴いたトロンボーンとピアノの生演奏は、二人の演奏家から伝えたいことがぎっしり詰まったあっという間の時間となりました。子どもたちにとっては初めて聴く曲ばかりだったのですが、みんな飽きることなく終始目をキラキラ輝かせていました。改めて演奏家のアウトリーチの技量、音楽の力の偉大さを実感しました。

0131_アウトリーチ①
こうやって音を出すんだよ
0131_アウトリーチ②
こんな間近で演奏♪
0131_アウトリーチ③
ピアノの中身を拝見中!
0131_アウトリーチ④
質問に元気に答える子どもたち