子どもと楽しくおりがみ
2016年6月29日(水)

おりがみサポーター交流会

出席者 『子どもと遊ぶおりがみ教室』修了生でサポーターを希望した方

区内小学校の放課後子ども教室で子どもたちと一緒におりがみを折るボランティア、「おりがみサポーター」は、現在90人ほどが活動中。今回そのうち約50人のサポーターが集い、交流会が行われました。

学校ごとに、紹介したいおりがみの作品を持ち寄り、お互い、関心のある作品を投票形式で選び、上位に入った作品提供サポーターが、講師を努めるという方式で交流を図りました。今回は、弘道小学校の「いちご」、舎人小学校の「きんぎょ」、東伊興小学校の「いぬ」の三作品の折り方を学びながら、みなさん楽しく交流を図っていました。参加者から、「次回の活動に参考になります。」「楽しく、折りやすいおりがみをめざしたいと思いました。」などの感想をいただきました。他の学校の作品から、新たな発見をしたり、サポーター同士の共通の悩みや喜びを共有できたりと、次の活動へのモチベーションにつながる実りのある交流会となりました。

28年度の「子どもと遊ぶおりがみ教室」は、10月に開催します。詳しくは毎月、足立区内全世帯に配布される「公社ニュースときめき」9月号をご覧ください。

おりがみ①
弘道小学校の「いちご」
おりがみ②
舎人小学校の「きんぎょ」

 

おりがみ③
東伊興小学校の「いぬ」
おりがみ④
たくさん持ち寄られた、おりがみの作品