笑いと感動がいっぱい!
2013年9月10日(火)

ふれあい出前寄席(千住桜花苑)

出演 林家たけ平、鏡味仙三、林家なな子

今回のふれあい出前寄席の会場は千住桜花苑です。出演者はお馴染みの林家たけ平さん、鏡味仙三さん、林家なな子さんのお三方。
当日はうれしいことに、利用者の皆さんお手製の、きれいなちぎり絵による出演者の看板が紅白幕に張られ、華やかな会場となりました。利用者代表の方から開演のご挨拶をいただいて、寄席が始まりました。太神楽(だいかぐら)の仙三さんが傘回しで毬(まり)を回すと「もっと早く!」と声がかかります。さらに、次々と目の前で繰り広げられる曲芸に「おー」と何度も歓声が上がりました。また顎に乗せた棒の上に板や房や茶碗をテンポ良く積み重ねていく五階茶碗(ごかいぢゃわん)という曲芸では、「すごーい」と感嘆の声が広がりました。トリのたけ平さんの登場で会場は大きな拍手が沸きます。落語の所作の説明に、皆さん真似をしたり、感心したり。職員の方を高座に上げての蕎麦をすする場面では、会場は和やかな笑いに包まれました。
皆さんが退室時に楽しかったよと笑顔で我々に声をかけてくださり、職員の方からは、落語の所作をリハビリテーションに取り入れたいとのアイディアを伺いました。落語や太神楽の芸には心も体も元気にする力があることを改めて確信した今回のふれあい出前寄席。
これからもたくさんの皆さんに笑いと感動をお届けしていきたいと、新たな意欲がわいてきました。

0910_寄席①
開演のご挨拶をいただきました
0910_寄席②
お見事!五階茶碗の芸
0910_寄席③
おいしそうなお蕎麦の音が…
0910_寄席④
熱演中の林家たけ平さん