都市農業公園で熱いラテン・ジャズを楽しむ
2012年9月9日(日)

マイタウンコンサート in 都市農業公園

出演 西田 幹氏(ベーストロンボーン)、加塩人嗣氏(アルトサックス&フルート)、安井さち子氏(ピアノ)    青木タイセイ氏(ベース)、山村牧人氏(ドラム)、石川 武氏(コンガ)

「こんにちは。今日は思いっきりラテンをやります。最後まで楽しんでください」―。この日の演奏者のリーダーはバストロンボーンの西田幹さん。メンバー紹介からコンサートがスタートしました。ほとんどのメンバーは、区内のプロの演奏家です。
さだまさしが歌った「北の国から」が、ラテンの軽快なリズムに乗って流れます。フルートの音がはずみます。続いて、「コーヒー・ルンバ」。バストロボーンが「パッパッパッパッパ」とうなると、会場いっぱいに埋め尽くされた観客から大きな拍手が。テンポのよいリズムにのって、拍手が手拍子に変わります。車イスの男性が体を揺らしています。「近くなので来てみました。音楽大好きなんですよ」と話してくれた女性は、「良かったです。ストレス解消しました」とニッコリ。
身近な場所で、地元のアーティストの演奏に触れ、自分の住むまちをさらに好きになってほしい・・・。そんな願いを込めて誕生したのが「マイタウンコンサート」です。毎回、満員のお客様に、素晴らしい演奏を楽しんでいただいています。

0909_マイタウンコンサート①
都市農業公園でラテンジャズを演奏
0909_マイタウンコンサート③
会場は満員御礼