元気いっぱい、笑顔いっぱいの体力づくり
2014年9月1日(月)~12月22日(月)

キッズコーディネーション in 鹿一きっず

講師 小林宜義(帝京平成大学 非常勤講師)

月曜午後「鹿浜第一小学校放課後子ども教室(鹿一きっず)」の時間、1-2年生のにぎやかな声が体育館に響き渡ります。身体や用具を上手にコントロールし、合図に素早く反応しながらリズムやタイミングをとる能力などを向上させるコーディネーショントレーニング(以下、COT)教室の様子です。
指導は、コバちゃん先生こと、小林宜義氏。そして、これからCOT指導者をめざすボランティアスタッフのサポートを加え、鹿一きっずでCOT3カ月プログラムが展開されました。フロアに並べたフープを、向きを変化させながらケンケンで跳んだり、友達と手をつなぎ、フープを踏まずに全力で走り回ったりと、子ども達は先生の合図・指示をよく聞き、次々と動きを変えていきます。毎回、敏捷性(びんしょうせい)アップにつながるCOTをメインに、チームで協力して競うゲームが展開され、子どもたちは遊びながら、おもいっきり動き、汗をかいていました。
教室終了時には保護者から「早く寝るようになった」「根気強くなった」「その日の運動のことを楽しく家族に話してくれた」などの声が寄せられました。「次に何をやるの?」と目を輝かせながら先生の指示に集中する子ども達。楽しく運動する体験を通して、低学年期に運動を好きになるきっかけになった様子でした。

COT①
小林先生の話しをよーく聞いて
COT②
体育館内を広く、思いっきり動き回り
COT③
フープの色を確認しながらダッシュ
COT④
スピードアップ 判断力アップ