学んで地域の活動へ
2014年9月17日~10月15日 毎週水曜日 全5回

子どもと遊ぶおりがみ教室 第7期

講師 西川光惠氏(日本折紙協会認定講師・心理カウンセラー)

 学んだ成果を地域で発揮できたらステキなことですよね。教育カウンセラーでもある西川光惠氏をお迎えし、基本の折り方を学びながら、おりがみを通して子どもと楽しくふれあうヒントを学ぶ講座を実施しました。
 講座の後半には、小学校の放課後子ども教室で実際に子どもと一緒におりがみを折る実習を体験しました。今回は、弘道小学校と加平小学校の2校で実習を行いました。「『上手に教えること』よりも、『おりがみで一緒に楽しむこと』が大切」と西川氏。
体を思い切り動かして遊ぶ子どもが多い中、おりがみも大人気です。実習を体験した受講生からは、「おりがみを通して子どもたちとふれ合い、人と人との関わり合いや思いやりの心が大切だと感じた」「子どもたちから学ぶことがたくさんあった」という声が届いています。
講座修了後は、多くの受講生が放課後子ども教室でおりがみサポーターとして活動を始めました。おりがみを通した新しい交流がスタートし、子どもも大人も楽しい活動の場が広がっています。

おりがみ1
おりがみ教室の講座風景
おりがみ2
弘道小学校の放課後子ども教室での実習風景