より良いプログラムを提供するために
2014年10月5日(日)

指導者講習会「コーディネーショントレーニング」アドバンス対象〈理論編〉

講師 東根明人氏(医学博士)

 公社では、コーディネーショントレーニング(以下COT)の基礎理論や実際の動きを学習する指導者向けの講習会を毎年開催しています。COTとは、五感で状況を察知したものを頭で判断し、具体的に筋肉を動かすといった「体を巧みに動かす能力」を高めるトレーニングです。レクリエーションのように誰でも楽しく汗をかきながら運動能力の向上が期待できるため、各方面で注目されています。今回はスポーツ指導者、教員や介護施設指導者など、22名が参加しました。
 講師には、今年6月に実施したビギナー対象講習会でもご指導いただいた、東根明人氏をお迎えしました。今回のアドバンス対象編では、「何の能力を高めるのか」「参加者のレベルに合っているか」など、メニュー作りのポイントや、指導する際に気を付けることなど、主にコーチング(指導方法)について学びました。
受講生からの発案で運動メニューをアレンジするなど、「事前に決める指導メニューは8割。残りは参加者と一緒に作っていく」という先生のお話を実際に体験しながら学ぶ講習会となりました。
「コーチングについて、とてもわかりやすくよく理解できた」「実践することで理解が深まった」などの感想が聞かれました。自分たちの指導現場で生かそうと、熱心に話を聞く皆さんの姿が印象的でした。

COTアドバンス理論1
実技を交えながらメニュー作りのポイントを学びます
COTアドバンス理論2
講師の東根明人氏