子どもたちに元気をもらっています!
2014年6月4日(水)

おりがみサポーター交流会

出席者 「子どもと遊ぶおりがみ教室」修了生でサポーターを希望した方

 おりがみサポーターは、公社が主催する「子どもと遊ぶおりがみ教室」の修了生で、区内小学校の放課後子ども教室で子どもたちと一緒におりがみを折るボランティア活動を行っています。平成22年にスタートした活動ですが、現在13校、延べ59人のサポーターが活動するまでに広がってきました。子どもと接する難しさ、おりがみのレパートリーを拡げる苦労など、サポーター同士が情報交換を通じ、お互いに学び合う場として、おりがみサポーター交流会を行っています。
 今回は、足立小学校放課後子ども教室で活動をしているおりがみサポーターが講師役となって、三色団子やメダルを作りました。
 参加したサポーターからは、「レパートリーが増えて良かった。作った物を少しずつアレンジしていくことの楽しさを子どもたちに伝えたい」「少しの工夫できれいに折れるようになった」「学年が違う子どもたちを同時に接する時の対応など交流会で参考になる話が聞けた」との声があがっていました。他校の活動の様子を知り、自らの活動に活かしたり、共通の悩みや喜びを共有したりすることで、次の活動へのやる気につながり、各サポーターにとって今回も実りある交流会となりました。
 最後に、自分で作った作品を手に取り、「ハイ、ポーズ」と笑顔で終了しました。

おりがみ1
お話に、おりがみに、みなさん集中
おりがみ2
個性豊かな作品を手に