自ら楽しみ、皆とスキルアップを!
2014年4月29日(祝)

指導者講習会「コーディネーショントレーニング」~高齢者プログラム~

講師 田中秋乃氏(健康運動指導士)

 足立区では、「パークで筋トレ」や介護予防のための各種高齢者運動事業などに積極的に取り組んでいます。その中で、今回、現場の運動指導員のスキルアップを目的に、健康運動指導士の田中秋乃氏をお迎えし、高齢期のコーディネーショントレーニング(以下、COT)指導に関わる理論と実技を学びました。
 午前中はCOTについて、高齢期のカラダの特性など、講義を中心に理論を学びました。「COTは、脳で受け取った情報をいかにうまくカラダの動きに結びつけるかということ。指導上のポイントは個人差があること。楽しく笑顔でできること」と田中氏。動きができる・できない、上手い・上手くない、などではなく、対象とする方に何をさせたいのかを明確にし、安全で効果的なプログラムを提供する必要があるとのことでした。
 午後はCOTを自ら楽しみ、皆で考える実技。じゃんけんやお手玉をしたり、懐かしい歌に合わせて動いたりと、反応・認知・リズムなどCOT要素を含むバラエティに富んだエクササイズを体験しました。また、ワークショップでは数人のグループで実際のプログラムを作成。短い時間でしたが、いろいろなアイデアを絞りだし、講師役、高齢者役に分かれた発表では、それぞれに工夫が施され、楽しいプログラムばかりで会場一杯は大いに盛り上がりました。
 「日々の行動や発想にプラスになる。いい話が聞けた」「高齢者が元気で毎日の生活が送れるよう、勉強を続けていこうと思った」など、次の指導に繋がる前向きな声がたくさんあり、楽しい講習会となりました。受講者の皆さんが、それぞれの現場で、高齢者の方々に楽しいプログラムを届けてくださることと思います。そして、元気な足立が広がっていきますように。

COT高齢者①
見て聞いて、脳で判断し、カラダをうまくコントロール
COT高齢者④
じゃんけんでCOT
COT高齢者③
皆でコミュニケーションをとりながら
COT高齢者②
アイデアを出し合い、まとめていきます