親子の会話が弾む体験!!
2013年10月7日(月)、12月4日(水)・5日(木)・10日(火)、 2014年1月9日(木)、2月1日(土)・4日(火)

体験プログラム「ロープスキッピング教室」「落語おもしろ塾」「ヒップホップダンス体験」

講師 生山ヒジキ氏、林家たけ平氏、パフォーマーパーツ氏

 公社では、子どもたちに一流の講師陣によるワークショップを通じて、新たな体験や、心に残るような学びの機会を創りたいと、毎年「体験プログラム」を実施しています。対象は、吸収力にあふれる小学生。各界のプロによるパフォーマンスは大好評です。
 今年は、親子での共通体験を通じて、親子のコミュニケーションを深めてもらいたいと、各校のPTAの皆さんに呼びかけて親子学年行事への出前講座として実施しました。
  講師のパフォーマンスが始まると、子どもたちの表情が、ピシッとしまり瞳が輝きだします。3種類の体験プログラムについて、その様子をレポートします。

「ロープスキッピング教室」 ~栗島小・綾瀬小・扇小・弘道小~
教室の始まりは、プロロープパフォーマー『生山ヒジキ』さんのフリースタイル演技です。軽快な音楽に合わせた、ダイナミックで迫力あるパフォーマンスが始まると、子どもたちの目がくぎづけになりました。間近で一緒に見ている保護者の皆さんからも、そのスゴ技に、驚きと感動の声が上がりました。途中、コミカルな動きや決めポーズが入ると、会場全体から笑いが起こり、ビュンビュンと鳴るロープ音にも圧倒されていました。
その後は、生山ヒジキ先生からなわとびの上達法や楽しみ方のアドバイスを受けました。縄を回すタイミングを教えてもらい、教室の時間中に二重跳びに成功した子も現れ、成果も上々…。更に、2人組で行うなわとびに親子共同で挑戦するなど、充実したプログラムとなりました。

体プロ①
なわとび大好き!
体プロ②
やさしく教えてくれます
体プロ③
講師と一緒に!
体プロ④
子どもたちの目はくぎづけです

 

「落語おもしろ塾」 ~千寿常東小・千寿第八小~
「落語おもしろ塾」は、日本の伝統芸能「落語」に触れ、落語の所作などを体験してもらうワークショップとして、足立区出身の落語家『林家たけ平』さんを講師に、これまで数多くの小学校で開催してきました。今年は、国語の授業で落語の噺(はなし)を勉強する4年生が対象。興味津々の子どもたちに、グッドタイミングのプログラムです。
「落語には、色々な人が登場しますが、落語家はそれを全部一人で演じますので、想像しながら聴くことが大切です」 「さあ、みんなでお蕎麦を食べてみましょう。熱いから気をつけて…。ふぅーっ、ふぅーっ、ずずず~っ。お出汁も頂こう…、あぁ~っ。美味いねぇ」など、子どもたちだけではなく先生や保護者も巻き込んだ絶妙なやり取りで、楽しいワークショップとなりました。最後は全員で、習ったばかりの正しいお辞儀でごあいさつをして終了しました。

体プロ⑤
質問に元気に答える子どもたち
体プロ⑥
おいしそうにそばを食べます

 

「ヒップホップダンスを踊ろう」 ~東綾瀬小~
5年生の親子が体育館に集合しました。講師は、『パフォーマーパーツ』さん。TV番組では、目にも止まらぬ(1?)スローモーションパフォーマンスで感知センサーや番犬と対決したり、有名なCMに出演したり、演出家・振付師としてもご活躍のパーツさん。実は、区内在住と知り、「是非、足立の子どもたちにワークショップを」とお願いしたところ、快諾を得て実現しました。
誰もが知っているレディ・ガガの曲を使って、今回のワークショップ用に振り付けして頂いたダンスを、ゆっくりとカウントしてワンフレーズごとに指導。一緒に来て下さった若い劇団員の方々が子どもたちの間に入りサポートしてくれました。少し難しいパートでは何回も繰り返し練習しながら動きをつなげ、一曲通して踊るところまで楽しくレッスン。もちろん、一緒に踊った保護者の皆さんも、子どもたちに負けないノリ(!?)と集中力で、いい汗をかきました。この体験は、帰宅後も親子で一緒に振り返れる要素がいっぱいです。音が鳴れば思わずカラダが動き出す…。親子の会話が盛り上がること必至のプログラムでした。

体プロ⑦
パフォーマーのパーツさん
体プロ⑧
みんなでリズムかるにDANCE!