いつも笑顔で子どもの気持ちを受け止めるには!
2013年12月2日(月)・16日(月)

子ども学講座(子どものことを考える大人の勉強会) ~子どもの心に触れる~

講師 藤後悦子氏(東京未来大学 准教授)

子どもたちの心に触れる…。大人はどれだけ子どもたちのことを理解しているのでしょうか。また、自分が子どもだった頃と比較して、何が変わってきているのでしょうか。東京未来大学准教授藤後悦子氏を迎え、子どもの気持ちの受け止め方や、伸ばす方法、子育て環境の移り変わりなどについてお話を伺いました。
最近の子どもの遊びや社会の変化に対応し、周りの大人ができることとは、「子どもの変化に気づくこと」「勇気づけの言葉をかけてあげること」。愛情を持ってコミュニケーションを取ることの大切さを再確認しました。
今回は、幼児期の子どもを持つ保護者と地域で子どもたちに関わる活動をしている方が参加しました。講師の話に納得したり、自分の幼児期を回想したり、グループで話し合ったりと、積極的に学び、共に考えて取り組んでいる様子が伺えました。「自分を振り返る良い機会になった」「子どもにあたたかい気持ちで接したいと思った」などの感想をいただきました。

1216_子ども学①
ご自身も子育て中という藤後氏の講義
1216_子ども学②
受講者同士のコミュニケーションも大切