子ども学講座~コロナ禍で大切にすること~

申込受付中

コロナ禍の中で子どもたちは、どう過ごしているのでしょう。保護者や子どもたちに関わる大人は、コロナ以前と生活が大きく変わった中で過ごす子どもたちと、どう向き合い、何を大切にするのかを学びます。
日時
2月10日(金)午前10時~正午
場所
生涯学習センター5階 研修室1(千住5-13-5 学びピア21)
対象
主に、小学生の保護者、地域活動や仕事で小学生に関わっている方、または講座内容に興味のある方など。
内容
◆コロナ禍のストレスとは?
◆大人が気をつけることとは?
ほか

※受講生以外(お子さんなど)の入室はできません。
定員
30人(先着順)
費用
無料
申込方法
1月5日(木)午前9時より電話または申し込みフォーム

講師
藤後悦子氏(東京未来大学教授)
〈講師プロフィール〉
公認心理師、臨床心理士、臨床発達心理士として東京都スクールカウンセラー、学生相談、保育・子育て相談を実施。そのほか全国保育士会や全日本中学体育連盟など、保育・子育て・スポーツ・学童などの分野で講演会多数。放送大学、立教大学、筑波大学大学院兼任講師を経て現在に至る。博士(学術)。足立区の区民評価、および文化・読書・スポーツ推進委員会の副会長を務める。

申し込み・問い合わせ
(公財)足立区生涯学習振興公社 学習・スポーツ事業課
〒120-0034 千住5-13-5 学びピア21 4階 5813-3735 平日 午前9時~午後5時

お申し込みはこちら
お申し込みはこちら